より良い住宅建築の為に

ホームへ戻る >  大阪の土地で経験豊かな工務店  > より良い住宅建築の為に

より良い住宅建築の為に富士山木造住宅協会は静岡県富士市に事務所を起き、6月には山梨支部も発足され、より良い木造建築の為の情報発信や、セミナー開催などを行ない、良質な住宅の供給に努めています。会員は、静岡県、東京都、山梨県、神奈川県の富士山を中心とする近隣の工務店や建築事業主で構成されています。この協会に所属する工務店同士が意見を交換したり、助け合ったりしていく中で、より良い住宅が建築されることが期待されます。

この活動は山梨、静岡の各新聞に取り上げられています。昨年秋からの景気低迷で、住宅産業もダメージを受けており、各地の工務店やハウスメーカーも生き残りをかけて必死になっていて、協会ではこうした工務店を救おうと、生き残りセミナーというものも開催しています。現在、山梨県などの工務店では暮らしに安心・安全な木の家が見直されていますが、富士山木造住宅協会では、富士山麓から出るヒノキ材を徹底した管理のもとで住宅に活用するというネットワークを構築しました。このネットワークにより、木材がどこのものであるのか、流通経路は?などが明確になり、消費者も安心して木の家に住むことができるようになります。このヒノキ材は「富士山ひのき」とブランド化され、「森林認証システムの家」として環境への貢献が期待されます。