工務店のリフォームで“地震に負けない家づくり”

ホームへ戻る >  自分に合った工務店  > 工務店のリフォームで“地震に負けない家づくり”

中越地震が記憶に新しい新潟県では、教訓やデータをもとに“地震に負けない家づくり”が最も工務店に求められている課題です。新潟ではリフォームを中心に行っている工務店も多くあり、耐震器具などで家具や照明を固定したり、壁や柱を補強したりする一戸建てが増えているそうです。


新しく家を建てる方は、免新技術の優れた新潟の工務店に相談すると良いと思います。最近は地震に耐えられる強度のある建物よりも、地盤と建物の間に特殊な装置を備え付け免震層をつくる構造の研究がされて、建物に伝わる揺れを軽減して被害を防ぐことができます。家の建築には耐震における建築基準法をクリアすることが必要ですが、それぞれの工務店で独自により厳しい耐震性能を求めています。

阪神大震災では、築年数による損壊の違いが大きいというデータもあることから、耐久性も非常に重要といえます。基礎工事のコンクリートや柱や梁は結露やカビ、シロアリなどによってもろくなってしまいます。構造や工法でより耐久性に優れた家を建てるように工務店が研究、工夫をしています。シロアリによる被害には、10年保証をつけてくれる工務店もありますので、事前にチェックして比較の対象とするのも良いと思います。