歯周病とは?

ホームへ戻る >  工夫をこらした工務店の家づくり  > 歯周病とは?

歯周病とは歯の周りの組織の病気のことを指します。歯周部分は歯と歯茎だけで出来ている単純な器官ではありません。歯自体もエナメル質、象牙質、象牙細管からなっていますし、歯茎も歯肉、セメント質、歯槽骨、歯髄神経から出来上がっています。これらを総称して歯周組織と呼んでいて、このいずれかに起きる疾患を歯周病と呼んでいるわけです。


これは非常に大勢の人が悩まされている病気で、日本人の成人の約8割が何らかの形で罹患していると報告されています。日本人が歯を失う最も大きな原因となっているのもこの病気です。もちろん、これは日本だけの病気ではありません。世界中どこにおいても非常に広く見られている病気で、ギネス・ブックに「人類史上最も感染者数の多い感染症」として記載されているほどです。

歯周病に罹ると、歯茎が腫れ、歯肉は赤く、次いで紫色になってゆきます。症状が進行してゆくと、細菌が歯周組織を溶かしてゆきます。歯根膜、歯槽骨も溶かされると歯がグラグラしてきますし、それがひどくなると物を噛めなくなり最終的には歯が抜けてしまいます。同じような症状に歯肉炎や歯槽膿漏がありますが、現在はそれらもまとめて歯周病と呼ばれるようになっています。


このように私たちの生活に大きな影響を与える病気ですから、たかが歯の病気と思わずにしっかり予防・治療をしていきたいものです。そして、適切な処置を行えば、歯周病は対処することの出来る病気なのです。