静電容量方式のタッチパネル

ホームへ戻る >  工夫をこらした工務店の家づくり  > 静電容量方式のタッチパネル

静電容量方式のタッチパネルは、寿命や分解能などといった性能に優れており、反応速度も速いことから、ATMや券売機に使用されています。また、指にしか反応しないために誤作動などを防ぐことができるので、性能バランスのよいタッチパネルだと言われています。指で押された箇所の位置測定は、表面のガラスが静電容量センサーになっていて、指先とタッチパネルとの間の静電容量を感知します。それには、表面型と投影型の2種類の検出方法があり、いずれも触れた場所の電荷の増減により位置を割り出すものです。

表面型は、表面に電界を発生させ、4隅に配置された電極から押された箇所までの距離と、流れた電流の比率によって位置を検出します。透明な電導膜の上に保護膜を貼ることで、水やほこりにも強いのが特徴です。投影型は、ICを埋め込んだ基盤層の上に電極層を乗せ、さらにガラスなどの絶縁フィルムで保護膜を形成しています。基盤に埋め込まれたICチップが演算処理を直接行ってくれるため、1度に複数の箇所に触れても反応できる、マルチタッチ(多点検出)が可能になっているのが最大の特徴です。押された箇所の静電容量の変化をX軸、Y軸のマトリックスで計算するので、位置検出もスピーディに行うことができます。


この静電容量方式投影型のタッチパネルは、大型のセンサーワイヤー方式と、スマートフォンなどに採用されている小型のITOエッチング方式に分けることができます。多点検出にはITOエッチング方式が向いていますが、大型のセンサーワイヤー方式は抵抗値が少なく感度が高いといった特徴があります。