歯列矯正が必要な歯並び

ホームへ戻る >  NPO設立の目的設定  > 歯列矯正が必要な歯並び

歯列矯正が必要な歯並びには、いくつかの種類があります。自分がどの状態に当てはまるのか、考えてみましょう。自分の歯の状態をあらかじめ把握しておくと、歯列矯正を受けるときに、希望や治療計画などについて、医師に相談しやすくなります。 


上の前歯が、下の前歯の上にかぶさっているという状態なら、出っ歯です。上の前歯の生え方が、強く傾斜している場合と、下あごの骨そのものが前に出ている場合があります。反対に、下の歯が前に出ている場合は、受け口です。歯を閉じた時、普通なら上の歯が外側に出ていて、下の歯が内側になっているものです。ところがこれが反対で、下の歯が前に出ている場合は、受け口ということになります。 でこぼこしている歯も、歯列矯正の治療対象です。顎の大きさに対して、歯の大きさが大きすぎるなど、バランスが取れていないと、歯の生える場所がなくなって、でこぼこになってしまいます。

上下の奥歯を噛み合わせてみてください。そうした場合、前歯が深く噛みこんで、かぶさってしまって、下の前歯がほとんど見えなくなっている状態になるなら、過蓋咬合(かがいこうごう)です。奥歯を中心にして、噛んでみましょう。 口を閉じた状態でも、前歯が上下でかみ合わない状態なら、開咬(かいこう)です。開咬であるとき、前歯が噛み合わさっていないので、前歯でものを噛み切ることができなくなります。前歯ではなく、周りの歯がかみ合わない場合でも、開咬です。