入れ歯の素材

ホームへ戻る >  NPO設立の目的設定  > 入れ歯の素材

入れ歯を作る際にも、人工歯に使われる箇所、土台になる箇所(床と呼びます)、歯を支える箇所(バネと呼びます)があり、それぞれで様々な素材があります。多くの場合はレジンと言う合成樹脂やプラスチックかチタンや白銀、ニッケルクロム合金などのアレルギー性の低い金属です。


基本的に、保険適用内であれば主にレジン(合成樹脂・プラスチック)が使われます。保険が適用されるだけあって、安価で作ってもらうことができますが、その分壊れやすい、寿命が短い、食感に違和感がある などと言う欠点もあります。

自由診療(保険適用外)の場合、主に金属が使われます。人工歯の部分も天然の歯に近い陶製の物が使われることが多く、金属を使うことから熱伝導率も高く自然な食感を味わうことが出来ますが、やはり保険が適用されない分金額はそれなりにします。


入れ歯を作る際はどちらにするかを任意で選ぶことが出来るので、希望に合わせて歯科医師に申告するようにしましょう。また、保険適用内でも自由診療でもバネの部分の材質はほぼ同一の金属が使われることが多い他、特に自由診療による入れ歯の作成に際して金属アレルギーなどの心配があれば必ず申告するようにしましょう。


また、入れ歯を作ってもらう際は歯科医師・歯科技師の方としっかり話し合って作るようにしましょう。保険適用内であっても同一の症状や同一の患部による入れ歯の作成は半年間、地方によっては1年以上作ることが出来ません。