インプラントの歴史

ホームへ戻る >  NPO設立の目的設定  > インプラントの歴史

インプラントの歴史は非常に古いと言われており、古代からその名残のような物が発見されています。中にはエメラルドや貝殻のようなものが人骨に埋め込まれていることがあり、特に古代の貴族に多く発見されています。これらが貴族の象徴であるのか、失った歯を補うためのものであるのかという確証は定かではないものの、失った歯の位置に埋め込まれていることから、やはり歯と言うのは生活のうえで今も昔も変わらず必要な物であったということがうかがい知れます。

近年において特筆すべきは、1952年、スウェーデン人であるブローネマルク教授による「チタンが骨と結合する」と言う事を発見したことにあると言ってもいいでしょう。この研究は盛んに行われるようになり、これが現代のインプラント治療の基本となったのは言うまでもありません。ブローネマルクの発見した研究結果は世界中でも同様に研究されるようになり、新たな歯科医療の一つとして急速に発展するようになりました。


日本国内でも現在ではまだ保険適用外でありながらも徐々に注目を集めるようになり、専門の資格なども制定されるようになったことで安心度・安全度も高まることでインプラント治療を依頼する方が多くなってきています。


今後も研究はますます盛んになり、全ての人がインプラント治療を受けられるような体勢を作ったり、医療制度も見直されるようになってくることは間違いありません。今後の発展が大きく期待される治療法の一つでもあります。