歯の治療(歯周病)

ホームへ戻る >  NPO設立の目的設定  > 歯の治療(歯周病)

歯の治療と深くかかわるのが歯周病です。歯周組織に関する病気を、総称して歯周病と呼んでいます。歯肉炎、歯周炎などが含まれます。歯肉炎は、歯肉に炎症が起きた状態で、歯周炎は炎症がすすみ、歯周組織までおかされた状態です。悪化すると、歯槽骨という、あごの骨が解けて、歯が抜けてしまいます。 


歯周病かどうか、自分でチェックしてみましょう。口臭が気になる、朝起きた時に、口の中が気持ち悪い、固いものが食べられない、歯に食べ物が挟まりやすい、歯を磨くと血が出る、歯茎が腫れている、最近、歯が長くなった気がするなどの症状はありませんか?あるいは、歯がぐらぐらしたりしませんか?もしも、以上の症状に多く当てはまるのなら、歯周病の可能性があります。

歯周病の原因は歯垢と喫煙です。歯にかかる圧力も原因となります。環境要因として、歯周病にかかりやすい人がいます。例えば、喫煙する人、ストレスを抱えた人、糖尿病の人、骨粗鬆症の人などです。これらの原因を複数抱えていると、歯周病のハイリスク・グループになります。また、相互に作用しあいます。歯周病になることで、もともと持っていた骨粗鬆症が進行したりします。抵抗力の落ちていることも、引き起こす要因になります。 


歯の治療の時と同じように、レントゲンを撮ったり、器具を使って歯周ポケットの深さ、出血の有無も確認します。歯の治療の時と同じように、かみ合わせのチェックも行われます。最初にプラークコントロールを行い、プラークを取り除きます。次に、薬を詰めたり、器具を使って細菌を取り除きます。