インプラントとは?

ホームへ戻る >  NPO設立の目的設定  > インプラントとは?

インプラント治療とは、医療用語全般では「人工的な材料を人体に埋め込むこと」を指しており、ペースメーカーや人工関節なども、この治療の一種と言えます。歯科の業界でも人工の歯根を埋め込む治療をインプラント治療と言います。


人の歯は、歯茎に固定されているわけではありません。歯根を通して顎の骨にしっかりと固定されているので、物をしっかりと噛むことが出来るわけです。しかし、歯周病によって骨が溶かされ、歯がグラグラになってしまうこともよく生じます。そうなると痛みによって物を噛むことが出来なくなりますし、歯を抜かなければならない状況になります。あるいは、若者であっても交通事故などで歯を折って失ってしまうという状況も生じえます。これまでは、そうした場合に差し歯やブリッジによる入れ歯などが使用されてきました。

しかし、差し歯は費用は安いものの周囲の歯を削らなければならない場合が多くありました。ブリッジもそれほど費用はかかりませんが、固定のために周囲の歯に手を加えなければなりません。また、歯の周囲が黒ずんで審美的に良くないという欠点がありました。それらを一気に解決する手段として登場したのがインプラント治療なのです。簡単な手術によって人工歯根となる金属ボルトを埋め込み、その上に歯を被せる治療法です。


インプラントは多少費用がかかるものの、きっちりと物が噛める、審美的に優れている、周囲の歯に負担を掛けないなどのメリットがあるため急速に普及したのです。