子供のころの歯列矯正

ホームへ戻る >  顎関節症とは?  > 子供のころの歯列矯正

お子さんの歯並びの良さを、歯列矯正で改善させてあげるのは良いことです。歯並びの悪さを、歯列矯正で改善させないままでいると、虫歯になりやすくなったり、いろいろなコンプレックスを抱きがちになります。きれいな歯並びは、健康と心のために、なくてはならないものです。 


では、どの時期に歯列矯正を開始するのが適当なのでしょうか。適当なのは、永久歯が生え始める頃~永久歯が生えそろう頃です。それも、あごが完全に成長しきっていない内に行うのが良いでしょう。あごが成長しきっていない時期、歯が完全に生えそろっていない時期なら、骨格を正常な状態に発育させて、歯並びを改善させることが可能です。すでにあごが成長しきってしまってしまうと、抜歯の必要性が高まります。あごの形を変えられないので、抜歯をして歯が正しく生えるスペースを作ります。

永久歯が生え始めるのは6~7歳ごろです。その時点で、上下のあごを確認してみて、前後的あるいは水平的な位置で、ずれがある場合、あるいは前歯の噛み合わせが反対になっているようなら、歯列矯正を始めると良いでしょう。あごのずれを放置しておくと、ずれたまま成長してしまい左右のあごが非対象になってしまします。 


9~12歳ごろは、CDEの歯が生え変わるころです。Eは、乳歯の中で最後に生え変わる歯です。虫歯が原因で、Eを歯を抜いてしまったのなら、保隙をして、6が前方に傾かないようにしましょう。保隙により、歯の生えるスペースを作ります。