入れ歯の金属部分について

ホームへ戻る >  顎関節症とは?  > 入れ歯の金属部分について

特に自由診療(保険適用外)の入れ歯の場合、熱伝導の効率を上げ、体温に近い温度で違和感なく着用できること、薄くても強度が高いことから金属の床を使います。また、保険適用内、適用外どちらにしても歯を支えるためのバネに使われる金属は同じであることが多く、この金属は歯科医院や入れ歯技師の方の作り方によって変わってきますが、材質によっては金属アレルギーを引き起こす場合があるので、入れ歯を作ってもらう際はきちんと説明を求めるようにしたいところです。

また、使用する金属の中には酸化に弱く、長期に渡って使用することによって腐食が進むものもあるので、必ず金属の特性なども確認しておくようにしましょう。

特に多く使われるのが「コバルトクロム合金」「チタン」「金」の3つで、コバルトクロム合金は金よりコストが安く、加工しやすいのが特徴で、主にバネ部分に使われることが多いです。

チタンは人体と非常に相性がよく、最もアレルギーが出る確率の低い金属であることから、歯科医療用の補助具全般でも使われることの多い金属です。金は酸化に強く、腐食の心配がありません。また、加工もしやすく耐久性も高いことから長期に渡って利用可能な金属になります。


使用する金属によっても金額は変わってくるので、コストに見合う材質の物を選ぶことはもちろん、歯科技師の方に使用する金属の詳細や、特性なども併せて確認することで以後のトラブルを避けることにも繋がってきます。