インプラントの素材

ホームへ戻る >  顎関節症とは?  > インプラントの素材

インプラント治療に使われる部品は大きく分けて3種類となり、一つが歯ぐきの中、顎の骨部分に埋め込む「人工歯根(フィクスチャー)」、人工歯と人工歯根を接合する「連結台(アバットメント)」、そして「人工歯」となります。


インプラントに用いる素材(金属)は人体と親和性の非常に高いことで知られているチタンを利用します。チタンは生体の骨と時間をかけて結合することがこれまでの研究で明らかになっており、歯科医療に限らずインプラント治療において多く利用されています。金属アレルギーに悩んでおられる方にでも使えることがほとんどですが、万が一のことにも備え、必ずパッチテスト(反応検査)を行いますのでトラブルが発生することはありません。また、最近では「ジルコニア」と呼ばれる、こちらも人体と親和性が高く、さらに耐久性を持たせたセラミックを利用することで、チタンが合わなかった方でも利用できるようになってきました。

また、インプラント治療はチタンで作られた人工歯根を使って顎の骨に「埋め込む」ことから、金属が露出する、一目で分かると言ったことはありません。人工歯に使われる素材も限りなく天然歯に見える素材を利用しているため、治療後はほとんど天然の歯が並んでいるようにしか見えません。万が一人工歯が短期間で割れてしまった、接合に不具合が出てしまったと言った場合でも、埋め込んでいる部分を変えることなく接合部分と人工歯を取り替えるだけで調整が出来ることから、以後のメンテナンスも非常にスムーズになります。