海外のお水の事情を教えてください

ホームへ戻る >  顎関節症とは?  > 海外のお水の事情を教えてください

日本のお水は軟水ですが、海外のお水事情はどうなのでしょうか。ヨーロッパ等のお水は硬水だと言われています。アメリカでは地域によって水の硬度が変わり、アフリカでは軟水の地域が多くあります。海外旅行に出た時「現地で買ったミネラルウォーターを飲んでいたのに、口に合わなかった」「お腹がゆるくなって困った」といった経験を持った方は、硬度の高い硬水を飲んでいたのかもしれませんね。


特に石灰岩の地質がある地域でのお水は硬度が高いと言われています。また山々が高く、地層を伝って水脈に到達するまでの時間が長い場合にはミネラル分を多く含んだ水になると考えられています。日本では関東ローム層がある地域を中心に硬度が高い硬水が採水されていますが、浄水上でのろ過によって軟水として飲用することができています。それでも「あの土地のお水は同じ日本なのに何となく金属の味がする」「苦みを覚える」などという意見もあります。同じ水道水でも土地・水源が違えば味も変わってきます。

ここでおすすめしたいのが宅配水です。宅配水の中でもRO浸透膜でろ過を行いミネラル分を調整しているお水をお勧めします。これであれば、転勤のたびに水に慣れず困っている主婦の方も安心して食生活を続けていくことができるのではないでしょうか。宅配水は、水の硬度や品質も安定していますので、小さなお子様がいるご家庭でも安心です。ご家庭に、宅配ウォーターサーバーを備え付けてみてはいかがでしょうか。