無痛治療について

ホームへ戻る >  実際どれぐらい使うのか  > 無痛治療について

歯医者で治療を受けるのを嫌がっている人も多いでしょう。子供はもちろんのこと、大人でも歯医者の治療には抵抗を感じるものです。その原因となるのが痛み。歯をガリガリと削られる痛みを想像するだけでもゾッとする人もいるはずです。


しかし、現在の歯科業界では痛みをできるだけ感じさせない治療を重視しています。無痛治療と呼ばれるもので、とくに麻酔が必要な治療に関しては徹底して痛みの軽減・除去を行っているクリニックも少なくありません。


では具体的にどのような無痛治療を行っているのでしょうか。まず塗る麻酔薬の使用。以前はいきなり歯茎に注射を指して麻酔を注入していました。この麻酔の痛みが嫌で歯医者が怖くなったという人もいるはずです。現在では注射の前に針を刺す部分にジェル上の麻酔薬を塗布し、感覚を麻痺させます。そのため注射の痛みを感じずに済むのです。

また、注射そのものも進歩しており、極細の針で痛みを軽減させている他、麻酔の量はコンピューター制御で注入する装置も導入されています。従来の手で押し出すタイプの注射だとその構造上、針を細くするのには限界がありました。しかしコンピューター制御によって麻酔薬を少しずつ、しかも正確に注入することができるようになったことで針をより細く、そして注入時の刺激も最小限に抑えることができるのです。


治療の際の痛みが嫌で歯科医院から遠ざかっている人も多いはず。それによって結局虫歯を悪化させて「痛い治療」を余儀なくされてしまうことも。こうした無痛治療を行っている歯科医院を探せばそんな不安もないのでオススメです。